新着情報

12月10日(月)音もだち活動記(21)

定期訪問させていただいている焼津亀松亭に伺いました。

寒さも増し、季節は秋から冬へと移りかわってきました。選曲もこの日は冬らしく、「たきび」「トロイカ」「雪山賛歌」など盛り込んできました。他に昭和50年代の演歌を入れてみましたが、歌えた方は少なくてやはり昭和初期の歌が一番だなって反省しました。よく考えてみれば、利用者さまが50代くらいの曲になるわけですから、やはり、若いころの歌が一番だなって思いました。