夏の元気なご挨拶

ブログ
ブログ
 梅雨明けはまだですが、毎日暑い日が続いています。
熱中症が心配な季節がはじまりました。

 熱中症や脱水症状などはメディアで数多く取り上げられます。高齢者が脱水症状にかかりやすいのは、老化現象のひとつともいえます。
体内の水分が保ちにくいのに、尿量は多くなります。さらに「トイレに行くのが大変」という理由で水分を控えてしまいがちです。
水分摂取が重要と分かっていても、飲むのは結構大変です。高齢者では誤嚥の恐れがあり、機能的にも「ゴクゴク」は難しいので「チビチビ」が大事になります。飲料に関しては電解質バランスがとれているものがおすすめです。

  機能性飲料は「不味い」と言われがちですが、ゼリーだと美味しくとれる場合があります。誤嚥予防にもなります。「ゼリーはちょっと…」という場合は、少しずつなら気にならない場合もありますし、製氷皿で氷にしてなめるのも効果的です。その方に合う、摂取しやすい工夫を心がけてみてください。